• 改葬する時の特に今の菩提寺への配慮について

    現在のお墓から、お骨を別のお墓に引っ越すことを「改葬」と言います。



    少子化や核家族化、都市部への人口集中など、様々な社会的な背景の変化に伴い、実家のお墓が承継者不在になってしまうケースが増えてきていることなどから改葬をしたり、検討をする人が増えてきています。

    @niftyニュースの情報を探すならこちらです。

    但し、お墓の移転には、多くの費用と諸手続きや時間が必要になりますが、それ以上に大変なのは家族はもちろんですが、関係する親族にもきちんと説明して同意を得ることと、今の住職に丁寧に改葬の事情を説明してトラブルがないようにすることです。

    例えば、新しい墓地を先に決めてしまってから、いきなり現在の墓地があるお寺へ改葬することになったと「事後報告」になってはいけません。菩提寺は単にお墓の管理をするだけではなく、法要やお盆、お彼岸など長い年月にわたって祭祀を執り行って「御霊」の供養をして頂いてきたことになりますから、お墓の移転を考えた時点で早めに住職へ相談するのが常識です。

    もちろん、お墓の移転については個人の自由が認められていますから、正当な理由なしに原則として住職が拒否することはできません。しかし、どうしてもお墓を移さざるを得なくなった、事情を丁寧に説明するとともに今までの御礼を伝え、お布施1回分程度のお金はお世話になったことへの感謝の印としてお渡しするべきですし、改葬の際には、管理者である住職の署名・捺印入りの埋蔵(埋葬)証明書が必要となります。



    なお、お墓の引越しに関わる費用は、現在のお墓の撤去や移転先の墓地の使用料、墓地の工事など合わせて200万から300万円程度掛かるとされています。