• お墓を改葬するための流れ

    亡くなった方の遺骨を納めておくお墓ですが、引っ越しをしたり結婚や引き継ぐ人がいなくなる、管理費が高いなどいろいろな理由によって管理が難しくなってしまう場合があります。そういったお墓を管理のしやすい場所などに移し替える、言ってみればお墓のお引越しのことを改葬といいます。
    改葬をするためには、まずは受け入れ先である新しい墓地との契約が必要になります。
    そして永代使用許可証、または受入証明書を発行してもらわなければなりません。



    受入先だけでなく、元の墓地にも改葬することを申し入れて埋葬証明書を発行してもらいます。お墓に遺骨を納めるためには永代使用許可証と埋葬証明書は必ず必要になります。



    それから現在お墓がある市区町村役場から改葬許可申請をもらって、そこに現在のお墓の管理者に署名と印鑑をしてもらいます。

    ですからお寺や霊園には事前にお墓について相談して話しあっておくとトラブルもなく話を進めることができるでしょう。


    申請書に署名印鑑をしてもらったら、これに合わせて事前にもらってある永代使用許可証と埋葬証明書を合わせて役場に提出すると改葬証明書がもらえます。

    エキサイトニュースの価値ある情報を探してみてください。

    必要書類がそろえばお墓から遺骨を取り出して、新しいお墓に移すことが可能になります。

    お墓から遺骨を取り出す時には閉眼法要、新しいお墓に納める時には開眼法要という法要が必要になりますので僧侶などに依頼してやってもらう必要があります。

    その他には能登のお墓のあった場所を更地にして返すという作業が必要です。