• 改葬の流れや手続きについて

    一般的に亡くなられた方の遺骨は、その家が代々受け継がれているお墓へ納めるのですが、最近では核家族化や都心部への人口の集中など様々な社会背景から、故郷を離れ生活の拠点が変更された方などが先祖代々受け継がれていたお墓を管理のしやすい箇所など移し変える事が改葬といわれています。



    お墓の移し変えの理由はその家庭によって様々なのですが、お墓の移動を行うにあたり、どのように進めたらよいかわからない方が多いのが現状です。

    改葬を行うには様々な手続きを事前に行う必要があり、手続きの中には法律で定められている事もありますので、必ず行わなければいけません。

    朝日新聞デジタルをご紹介いたします。

    まず最初に移動先の墓地と契約を行い永代使用許可書をは行してもらい、次に現在、納骨されている管理者と改葬についての話し合いを行い納骨証明書を発行してもらいます。改葬許可申請書が必要になりますので住まれている役場で受け取り、その申請書に納骨されている墓地管理者の印鑑と署名をもらい、再び役場で申請書と永代使用許可書、脳事証明書を合わせて役場に提出し改葬許可証を受け取ります。


    ここからお墓の移動を行うのですが、墓地の管理者に許可証を提示し、石材店などに依頼をして現在、納骨されている遺骨を出すのですが、この時、魂を抜くという意味のある閉眼法要を僧侶に依頼をして行います。



    また新しいお墓に遺骨を納骨したときにも開眼法要を僧侶に依頼をして行います。
    これらの手続きは時間がかかりますので十分期間をみておく必要があります。