• いつかは考えるお墓の問題、改葬の意味とは

    改葬とは、一度埋葬した遺骨を別のお墓へ移すことです。
    一言で言うとお墓の引っ越しです。
    お墓が遠くてお墓参りがなかなかできない、新しいお墓を建てたい、子供に負担をかけたくないので永代供養ができる納骨堂に変えたいなど、様々な理由で移すことがあります。
    移す際は、「墓地埋葬等に関する法律」で定められており、市区町村から許可を得なくてはいけません。

    日本経済新聞に関する企業の一覧です。

    許可を得ずに移した場合、刑罰が科せられることがあるので注意が必要です。改葬の手順は市区町村によって異なりますが、まず移転先から受け入れ証明書と現在の納骨場所から埋葬証明書を受け取ります。



    受け取った2枚の証明書を市区町村へ提出し、改葬許可証をもらいます。
    現在の納骨場所へ許可証を提示し、お骨を受け取り、移転先へ許可証を提示し、お骨を埋めます。

    元の納骨場所が外墓の場合は、墓所を更地にして返却しなくてはいけません。また、改葬にはそれなりの費用がかかります。
    墓石処分に10~15万、遺骨の取り出しに4~5万円、納骨に2~3万円、新しいお墓用の墓石運搬に20~80万円がかかってきます。新しくお墓を建てる場合は250万円程かかり、その費用にプラスして引っ越し代もかかるので、慎重に検討する必要があります。


    改葬の一通りの手続きを行政書士や代行業者に頼むことができます。自分で行うとかかるであろう時間を削ることができ、書類の不備もないのでスムーズに進めることができます。


    費用は10万円が相場です。お墓の引っ越しは誰もがすることではありません。

    手続き内容をしっかり理解し、ご先祖様へご無礼のない様に行いましょう。

    千葉の樹木葬に関する情報が幅広く集まります。

  • 最新考察

    • 一般的に亡くなられた方の遺骨は、その家が代々受け継がれているお墓へ納めるのですが、最近では核家族化や都心部への人口の集中など様々な社会背景から、故郷を離れ生活の拠点が変更された方などが先祖代々受け継がれていたお墓を管理のしやすい箇所など移し変える事が改葬といわれています。お墓の移し変えの理由はその家庭によって様々なのですが、お墓の移動を行うにあたり、どのように進めたらよいかわからない方が多いのが現状です。...

  • 葬式の実態

    • 改葬とはお墓の引越しのことを指します。改葬をする理由は様々ですが今利用してるお墓の年間使用料金があまりにも高く遺族にとっての負担になっている場合、安いお墓にかえるために改葬することもあります。...

  • 葬式の重要知識

    • 現在のお墓から、お骨を別のお墓に引っ越すことを「改葬」と言います。少子化や核家族化、都市部への人口集中など、様々な社会的な背景の変化に伴い、実家のお墓が承継者不在になってしまうケースが増えてきていることなどから改葬をしたり、検討をする人が増えてきています。...

  • 身になる知識

    • 亡くなった方の遺骨を納めておくお墓ですが、引っ越しをしたり結婚や引き継ぐ人がいなくなる、管理費が高いなどいろいろな理由によって管理が難しくなってしまう場合があります。そういったお墓を管理のしやすい場所などに移し替える、言ってみればお墓のお引越しのことを改葬といいます。...